宅建士資格で独立するには?

宅地建物取引主任者から、「宅地建物取引士」へ名称が変更になったことで、宅建士はますます注目を浴びる資格となりました。

資格スクールでも「宅建」は人気の高い資格で、毎年20万人もの人が受験しています。宅建資格を取得することは、不動産業界で働く人にとってはキャリアアップするために必須とされていますが、宅建資格を取得して独立することは可能なのでしょうか。

宅建プラス関連資格で独立を

宅建は一度取得すると一生物の資格なので、取得した人の中には「いつかは独立を」と夢見る人も多いでしょう。宅建資格を取ると、すぐに宅建士になれると思っている人もいますが、そうではありません。資格登録の手続きをしてから2年以上の実務経験もしくは実務講習を受講し、宅建士資格者となります。そして登録申請をしてはじめて宅建士となれるのです。

企業で働きながら宅地建物取引士資格を取得しキャリアアップにいかす人もいますが、独立して事務所を構えたいと計画している人はそのほかの資格を取得する人も多いようです。関連する資格を取得することでより仕事の可能性を広げているのです。宅建資格で身に付けることができるスキルは「コンサルティング」「法務知識」「管理知識」「不動産知識」などです。

そして、宅建資格とダブルで取得すると独立に有効なのは、司法書士・管理業務主任者・マンション管理士・不動産鑑定士・ファイナンシャルプランナー・日商簿記1級・行政書士などがあります。

コネクションを確実に作ってから独立を

宅建業で独立する人は、資格を取得してもすぐ独立しようとはしません。不動産業界などで働きながら経験を増やし、宅建と相性のよい資格をさらに取得しつつ着実に人脈を作ってから独立しています。

それは、不動産業界においては、資本金よりもコネが大切…といわれているからです。実際に、行政書士などと比較すると宅建士の独立はある程度の時間を経てから踏み切る方が多いようです。ビジネスを軌道に乗せるには、焦らずにじっくりと準備を整えてから独立するほうが懸命でしょう。